HOME >> エコ・エアポート基本計画

10年先を見据えた「エコ・エアポートビジョン2020」と、
その実現に向けた新しい「エコ・エアポート基本計画」

成田国際空港が目指す、10年先の環境ビジョンが「エコ・エアポートビジョン2020」です。
このビジョンの実現に向け「エコ・エアポート基本計画(2011-2015年度)」を策定し、具体的な取り組み項目を掲げ、NAAとエコ・エアポート推進協議会を中心とした空港内で働くすべての人たちが協力して環境保全活動に取り組んでいます。

10年先の環境ビジョン「エコ・エアポートビジョン2020」 エコ・エアポート基本計画 成田国際空港エコ・エアポート推進協議会が中心となって取り組みます。 1.地球環境への取り組み 2.周辺環境への取り組み 3.資源循環への取り組み 4.生物多様性への取り組み 5.環境マネジメント

エコ・エアポートビジョン2020

成田国際空港が目指す、10年先の環境ビジョンが「エコ・エアポートビジョン2020」です。このビジョンでは、「エコ・エアポートとして世界をリードする空港」をコンセプトに、地球温暖化防止に貢献する空港、循環型社会に貢献する空港、豊かな自然と共生する空港の3つの柱で、それぞれに2020年度のあるべき姿を示しています。

エコ・エアポート基本計画

エコ・エアポート基本計画は、騒音や大気など周辺地域を対象とした環境対策はもちろん、地球的視野に立った環境対策として、地球温暖化対策や省エネルギー、資源循環などを取り組み項目として掲げています。取り組みごとに数値化できるものについては数値目標を設定し、「航空機発着回数1回あたり」や「空港利用者1人あたり」といった空港特有の指標を用いて評価しています。