イベント・お楽しみ

イベント情報

オアシスプロジェクト『モーニング&アフタヌーンコンサート』

  • Terminal1
  • Terminal2
  • 出国審査前
オアシスプロジェクト『モーニング&アフタヌーンコンサート』

楽しさにあふれ、お客様に喜ばれる成田空港を目指して発足した『成田空港オアシスプロジェクト』。今回の『モーニング&アフタヌーンコンサート』は、7月22日(月)〜7月26日(金)の期間中は第1ターミナル内にて、7月28日(日)〜8月1日(木)の期間中は第2ターミナルにて開催いたします。出国前にくつろぎのひと時をお過ごしください。

7/22〜7/26 第1ターミナル 7/28〜8/1 第2ターミナル

第1ターミナル

イベント概要
開催日 2013年7月22日(月)〜7月26日(金)
開催時間 モーニングの部 8:00〜10:00 アフタヌーンの部 15:00〜17:00
※上記時間中に随時実施しております。
※詳細は、出演アーティストを御覧ください
開催場所 第1ターミナル 南ウイング4階 Gカウンター付近
パノラマヴィジョン前

出演者スケジュール

アーティスト名をクリックするとプロフィールがご覧いただけます。

開催日 モーニングの部
(8:00〜10:00)
アフタヌーンの部
(15:00〜17:00)
7月22日(月) 海寳 幸子(筝) 本間 美貴子(ハープ)
7月23日(火) 大木 理恵(ハープ) 本間 美貴子(ハープ)
7月24日(水) 大木 理恵(ハープ) 本間 美貴子(ハープ)
7月25日(木) 大木 理恵(ハープ) 本間 美貴子(ハープ)
7月26日(金) 大木 理恵(ハープ) 本間 美貴子(ハープ)

第2ターミナル

イベント概要
開催日 2013年7月28日(日)〜8月1日(木)
開催時間 モーニングの部 8:00〜10:00 アフタヌーンの部 15:00〜17:00
※上記時間中に随時実施しております。
※詳細は、出演アーティストを御覧ください
開催場所 第2ターミナル3階 南側ウェイティングエリア
Narita Airport Stage“SKYRIUM”

出演者スケジュール

アーティスト名をクリックするとプロフィールがご覧いただけます。

開催日 モーニングの部
(8:00〜10:00)
アフタヌーンの部
(15:00〜17:00)
7月28日(日) ウルグン(馬頭琴)
シンシュヤ(馬頭琴)
齋藤 靖子(ヴァイオリン)
佐藤 アル美(ピアノ)
伊野 秀一(コントラバス)
7月29日(月) 米津 真浩(ピアノ)
森本 茉耶(ピアノ)
『Relief(ロリエフ)』
笹田 芽依(ピアノ)
梅津 優香(ピアノ)
7月30日(火) 石榑 仁恵(ピアノ)
齋藤 靖子(ヴァイオリン)
米津 真浩(ピアノ)
伊野 秀一(コントラバス)
7月31日(水) 伊藤 浩史(ピアノ) 米津 真浩(ピアノ)
森本 茉耶(ピアノ)
8月1日(木) 『Dahlia(ダリア)』
森重 まりな(ピアノ)
本間 翔子(ピアノ)
『Caco et Tasso(カコ・エ・タッソ)』
片岡 慎之輔(ピアノ)
小瀧 俊治(ピアノ)

出演アーティスト

●海寳幸子(かいほうさちこ)
1969年宮城会宮本誠子氏に、1977年沢井筝曲院川村晶子氏に師事。1982年NHK邦楽技能者育成会卒業。
「筝曲NOW」名曲演奏会、サントリーホール、大阪シンフォニーホールなどでの演奏活動のほか、テレビCM(SMBC日興証券ほか)に出演。
また国際文化交流基金、外務省国際交流基金事業などの演奏メンバーとしてオーストラリア各都市、クロアチア、チェコ、スロヴァキア、ハンガリー、マケドニア等々世界各国でのコンサートツアーに参加する。
1999年世界理学学会にて天皇皇后両陛下の御前にて演奏。
2011年ブータン国王・王妃の御前にて演奏。
多忙な演奏活動の傍ら後進の指導にも力を注いでいる。
●本間美貴子(ほんまみきこ)
8歳より日本ハープ音楽院にて、アイリッシュハープを故三村勉氏に師事。
11歳より三村ハープアンサンブルに加入。
その後、メンバー又は、コンサートミストレスとして、演奏活動に参加。
17歳よりグランドハープをはじめる。
東京芸術大学別科ハープ専攻修了
第11回日本ハープコンクール レバーハープ部門優勝
日本ハープ音楽院講師を経て、現在、千葉県を中心にフリーでソロ、オーケストラ等の演奏活動や後進の指導にあたっている。
これまで吉野篤子氏、渡辺万里氏に師事。
●大木理恵(おおきりえ)
武蔵野音楽大学卒業。同大学院修了。その後渡欧し、ローザンヌ音楽院を Diplome de Concert を得て卒業。第11回日本ハープコンクール、フルートとハープのデュオ部門第3位ほか、コンクール、オーディションにおいて複数入賞。2005年以降、文化庁文化部芸術文化課主催「子供のための優れた舞台芸術体験事業」(旧学校への芸術家等派遣事業)に選ばれる。
2004年アメリカンウィンドシンフォニーオーケストラのメンバーとしてアメリカツアーに参加、2007年小澤征爾音楽塾オペラプロジェクト[ に出演するなど、在学中より国内外で演奏活動を行う。2012年ピエルネ作曲、ハープの為の小協奏曲を演奏。現在、ソロ、室内楽、オーケストラ、TVなど多岐の分野で演奏活動を行う傍ら、後進の指導にもあたる。
井上久美子、シャンタル・マチューの両女史に師事。
●ウルグン(うるぐん)
内モンゴル大学芸術学院附属中等専門学校楽器及び演奏学科に進学し、馬頭琴(モリンホール)を学び始める。同学を卒業後、同学馬頭琴講師に就任。現在は、東日本大震災復興の一環として小学校や介護施設などで馬頭琴演奏を行いながら、馬頭琴の演奏指導をしている。
●シンシュヤ(しんしゅや)
内モンゴル馬頭琴芸術専門学校に進学し、馬頭琴(モリンホール)を学び始める。同学を卒業後、来日。現在、馬頭琴講師として勤務する傍らウルグン氏とともに日本での馬頭琴の普及に努める。
●齋藤靖子(さいとうやすこ)
5歳よりピアノを、10歳よりヴァイオリンを始める 。
ピアノをマグルーダー雅子氏、ヴァイオリンを松江川洋子氏、長岡聡季氏に師事。
学生時代より首都圏を中心に様々なオーケストラ、室内学等々で演奏活動を展開している 。
●佐藤アル美(さとうあるみ)
5歳からピアノを始め18歳まで某音楽大学教授より本格的にクラシックピアノを学ぶ。その後ジャズに転身 ポピュラーからスタンダードジャズ、ジャズヴォーカリストの伴奏など都内ライブハウス、ピアノラウンジで幅広く演奏活動中。
●伊野秀一(いのしゅういち)
チェロの専門教育を受けるもジャズの世界に魅せられジャズベーシストに転向する。演奏活動の傍らイベントプロデューサーとしてレクサスコンサート、竹内直スーパージャズライブなどイオン各店での音楽祭、ライブ、そして成田空港オアシスプロジェクトの企画演出制作に携わる。またヤマハのピアノ調律師のライセンスを持ち芝山文化センター、成田国際文化会館等コンサートホールを担当、ピアニスト大原保人に同行しスイス、ニュージーランド、タイ等々世界各国を廻る。かとり蔵ジャズなど地域発展の大規模音楽イベントを立上げる他、小中学生対象の芸術鑑賞会等活動は多岐に渡る。
非営利特別活動法人日本芸術文化協会理事長
●米津真浩(よねずただひろ)
千葉県千葉市出身。千葉県立幕張総合高校を経て、東京音楽大学器楽専攻(ピアノ演奏家コース)卒業。同大学院を首席で修了。大学、大学院在学中特待奨学生として在学。2009年度、同大学ティーチングアシスタント。現在、東京音楽大学非常勤助手。2007年 第76回日本音楽コンクールピアノ部門 第2位入賞。岩谷賞(聴衆賞)を受賞。東京シティ・フィルハーモニック管弦団、ニューフィルハーモニーオーケストラ千葉、Gross Vogel Philharmoniker、東京音楽大学ブレイジングオーケストラと共演。ソロ、室内楽、アンサンブル等の演奏活動、音源・記事提供、後進の指導の他、テレビドラマ『花より男子』手の吹き替え、X JAPANディナーショーでピアノを担当する等幅広い活動を行う。これまでに寺田栄子、高梨淳子、村上隆、弘中孝の各氏に師事。また、M.ラエカッリオ、P.ネルセシアン、S.ドレンスキー、A.サッツ、M.ベロフ、D.ヨッフェ、B.リグット、V.リャードフ、B.ゲツケ、T.ゼリクマン、B.ペトルシャンスキー、P.ドヴァイヨンの各氏に指導を受ける。
●森本茉耶(もりもとまや)
1991年生まれ。5歳よりピアノを始める。 兵庫県立西宮高等学校音楽科を主席で卒業。09年、オーストリア・ウィーンにて行われたVIP(ウィーン・インターナショナル・ピアニスト)セミナーに参加。選抜コンサートに出演。第一回ロザリオ・マルシアーノ国際ピアノコンクール2位。併せてシューベルト賞を受賞。2010年、デビューリサイタルを開催。2012年、霧島国際音楽祭に参加。これまでに、中村伸吾、片山優陽、川上昌裕、シュテファン・メラー、エレーナ・リヒテル、ダン・タイ・ソンの各氏に師事。合奏を渡邊健二氏に、ピアノデュオを角野裕氏に師事。現在、東京藝術大学器楽科ピアノ専攻に在籍。有森博氏に師事。
●『Relief(ロリエフ)』

笹田芽衣(ささだめい)
千葉県出身。桐朋学園大学附属子供のための音楽教室を経て、同大学ピアノ科卒業。
在学中よりピアノデュオを結成し、卒業後本格的に演奏活動を始める。
大森文子、江端津也子、各氏に師事。

梅津優香(うめづゆうか)
3歳よりクラシックピアノを始める。聖心女子学院中等科・高等科卒業。桐朋学園大学附属 子供のための音楽教室を経て、桐朋学園大学ピアノ科を卒業。卒業後、桐朋学園大学附属 子供のための音楽教室の研究員を務める。
メロス音楽セミナーにて、アヴォクュムジャン、カールマン・ドラフィ、マーティン・ヒューズ各氏のマスタークラス受講。教育連盟オーディション入賞。スペインピアノ音楽コンクール第二位。ヨーロッパ国際コンクール入賞。清水美左子、中井正子、山田富士子、大森文子、アヴォクュムジャン、カールマン・ドラフィ、マーティン・ヒューズ各氏に師事。
現在、同期の笹田芽衣とピアノデュオユニット“Relief(ロリエフ)”として活動中。その他で、雑誌の読者モデルとしても活動を広げている。
●石榑仁恵(いしぐれきみえ)
5歳よりピアノを始め、桐朋学園付属子供の為の音楽教室を経て東京音楽大学ピアノ科卒業。
器楽、声楽等の伴奏、アンサンブルなどの他 ブライダル ラウンジ等々で演奏活動中。
●伊藤浩史(いとうひろし)
ヤマハ音楽院プロフェッショナルキーボード科にて、作曲アレンジ、演奏を学び、卒業後サポートキーボーディストとフリーアレンジャーを平行して行う。
2009年、2010年にインターネット上で自主制作CDを作成し販売。
2011年、FARM RECORDSより、松咲リエ/ありがとうのコトバをアレンジ、配信する。
ポップス、R&Bなどを得意とし、現在も演奏、作編曲を中心に活動中。



●『Dahlia(ダリア)』

森重まりな(もりしげまりな)
本間翔子(ほんましょうこ)
2011年東京音楽大学音楽学部ピアノ科卒業。在学中に学内オーディション合格者による演奏会に出演。
2011年にピアノデュオDahliaを結成。
同年12月に1st コンサートを開催。
現在、森重まりなは東京音楽大学大学院ピアノ専攻2年に在学中。
本間翔子はリトミック・ピアノ講師、ブライダルプレーヤーを務める。
その他でも伴奏、室内楽、オーケストラピアニストなどお互い様々な場で演奏活動を広げている。
●『Caco et Tasso(カコ・エ・タッソ)』

片岡慎之輔(かたおかしんのすけ)
1987年生まれ、東京都出身。私立芝浦工業大学高等学校卒業。東京音楽大学器楽専攻ピアノ演奏家コース卒業。同大学大学院修了。
10歳よりピアノを始め、2004年ピティナピアノ・コンペティションF級全国決勝大会入選。第8回ペトロフピアノコンクール第1位受賞。2007年国際芸術家協会入賞者披露演奏会に出演。
毎年、広瀬宣行指揮による東京音楽大学有志オーケストラとピアノコンチェルトを共演、また杉並公会堂でのジョイントリサイタルのソロ活動の他、室内楽、伴奏においても多数演奏活動を行っている。
これまでに、宮田清、小畠康史、粟飯原雅子、奥井美由紀、奥田佳世子、戸張勢津子の各氏に師事。 現在、関根有子、石井克典の各氏に師事。また、P.ネルセシアン、B.リグット、T.ゼリクマンの各氏にも指導を受ける。
小瀧俊治(こたきとしはる)
宮城県出身。3歳よりピアノを始める。東京音楽大学ピアノ演奏家コースを経て、同大学大学院修了。在学中特待奨学生。2010年度、同大学ティーチングアシスタント。
コンセール・マロニエ21第1位他入賞多数。
株式会社自由現代社より出版された『スローで覚える!超絶クラシック・ピアノ・レパートリー』(DVD付教則本)のDVD演奏と解説の執筆、楽譜の校訂を担当。
多方面で演奏活動を展開している。