国内線から国際線へ

国内線で成田に到着し、海外空港に出発する場合

※成田空港で保安検査が必要です。

国内線と国際線では保安検査の基準が異なるため、国内の空港で一度保安検査を受けていても、国際線に乗り継ぐ際には成田空港でもう一度保安検査を受けていただきます。
なぜ?詳しく知りたい!

液体物には機内持ち込み制限がありますのでご注意ください 検査の流れ

国際線の検査場では「液体物持ち込み制限」ルールが適用されます。
手荷物として機内に持ち込める液体物の容量は、右図の通りです。
詳しくは、「液体物持ち込み制限」ルールをご覧ください。

※液体物持ち込み制限を超える量の品物をお持ちの場合、たとえ国内線の機内に持ち込めた物でも、
検査場で自主放棄していただくことになりますのでご注意ください。

持ち込みにご利用できる透明プラスチック製袋のサイズの目安は、縦20㎝以下×横20㎝以下になります。
国内線から成田空港で国際線に乗り換える場合の保安検査の流れが表示されています。

液体物以外の機内持ち込み手荷物も検査があります

保安検査場では、液体物以外にも機内持ち込み禁止品の検査を実施しております。
持ち込み禁止品の代表例につきましては、持ち込み禁止荷物についてをご覧ください。

液体物以外の機内持ち込み手荷物も検査があります

国内際乗り継ぎ検査場がございます

成田空港には、国内線から国際線へより短距離、短時間で乗り継ぎ可能な、専用の内際乗り継ぎ検査場がございます。
乗り継ぎ施設のご利用条件につきましては、ご利用の航空会社へお問い合わせ下さい。