イベント・おすすめ

日本・スペイン航空取り決めに関する合意について

 本日、400年を超える交流の歴史を持つ日本とスペインとの間で、航空取り決めの署名式がとり行われ、両国政府間で航空関係拡大が合意(国土交通省発表「日本・スペイン航空取り決めに関する合意について」)されました事を歓迎します。


 日本政府の『明日の日本を支える観光ビジョン』においても、アジアだけでなく欧州、米国、豪州からのインバウンド促進の強化が謳われ、それを受けてマドリードでのJNTO新規事務所開設も進められていることから、両国間の交流は益々拡大していくものと思われます。


 成田=マドリード線は、イベリア航空が、18年振りに本年10月から運航を再開するべくこの1月に発表(「イベリア航空、10月19日より成田=マドリード線に新規就航!(PDF:836KB)」)したところであり、今回の航空関係拡大合意を踏まえ、一層の増加が見込まれる両国間の交流需要に対応して、成田空港とスペインとの間の更なる航空ネットワーク拡大に取り組んで参りたいと存じます。


成田国際空港株式会社
代表取締役社長
夏目 誠