Kabuki Experience Gallery & Shop

「Kabuki Gate」イメージ写真

第1ターミナル

出国手続き後

日本を代表する伝統芸能である歌舞伎を楽しく体感出来る歌舞伎体感型ギャラリー&ショップ「Kabuki Gate」!
等身大マネキンによる衣裳展示と隈取りアプリ「Kabuki Face Photo Booth」による体感型ギャラリー、Kabuki Gateオリジナルグッズや歌舞伎にまつわる選りすぐりのアイテムを集めたショップを同時にお楽しみ下さい。
松竹株式会社全面監修による本物にこだわった空間をお届けします。

展示衣裳

衣装の写真

【演目名】暫(しばらく) 【役名】鹿島入道震斎(かしまにゅうどうしんさい)

『暫』に登場する人物で、「鯰坊主(なまずぼうず)」と通称されます。敵役でありながら滑稽な役柄で、坊主頭に長いもみ上げをつけ、鯰のような独特の化粧を施したユーモラスな扮装で登場します。羽織には、胸から背中にかけて大きく「蛸(たこ)」が描かれています。柄の真ん中から首が抜き出るようになっており、このようなデザインは「首抜き」と呼ばれます。


衣装の写真

【演目名】源氏物語 (げんじものがたり) 【役名】紫の上 (むらさきのうえ)

約1000年前に執筆された、紫式部作の長編小説『源氏物語』。1951年に初めて歌舞伎化され、現在も様々な演出で上演され続けています。美貌と才気を兼ね備えた主人公・光源氏の恋愛が描かれ、多くの女性が登場します。今回展示する衣裳はヒロインの一人・紫の上の「十二単衣」です。


衣装の写真

【演目名】土蜘 (つちぐも) 【役名】土蜘の精 (つちぐものせい)

僧侶に化けていた土蜘の精が本性をあらわした姿。能の『土蜘蛛』を元にした演目で、衣裳・かつらも能に由来していますが、歌舞伎独自の工夫がなされています。法被にある雲の柄は妖怪変化の衣裳にしばしば用いられ、また着付にあしらわれた蜘蛛の巣の柄が土蜘の精を象徴しています。かつらの随所に見られる白い毛からも、劫を経た妖怪であることを見て取ることができます。


「成田市×歌舞伎」ロゴ

【成田市×歌舞伎について】

「成田屋」の屋号で有名な歌舞伎の市川宗家と成田山新勝寺は、江戸元禄以来、不動尊信仰の深い絆で結ばれています。
こうしたことから、成田市では十一代目市川海老蔵丈を「成田市御案内人」に任命するなど、歌舞伎をはじめとする伝統芸能・文化と連動した魅力発信の取り組みが行われています。

詳しくは、【成田市×歌舞伎】公式HPをご覧ください。