Kabuki Experience Gallery & Shop

「Kabuki Gate」イメージ画像

第1ターミナル

出国手続き後

日本を代表する伝統芸能である歌舞伎を楽しく体感出来る歌舞伎体感型ギャラリー&ショップ「Kabuki Gate」!
等身大マネキンによる衣裳展示と隈取りアプリ「Kabuki Face Photo Booth」による体感型ギャラリー、Kabuki Gateオリジナルグッズや歌舞伎にまつわる選りすぐりのアイテムを集めたショップを同時にお楽しみ下さい。
松竹株式会社全面監修による本物にこだわった空間をお届けします。

夏の展示

衣装の写真

【演目名】

絵本太功記(えほんたいこうき)

【役名】

武智十次郎光義(たけちじゅうじろうみつよし)

武智十次郎は、『絵本太功記』に登場する武智光秀(史実では明智光秀)の子息。父と敵対する真柴久吉(史実では羽柴秀吉)との合戦に、初陣で臨もうという若者。 赤地の着付に紫の裃は、若い侍の扮装の中でも特に彩り鮮やかで、容姿端麗な若者のあでやかさを一層引き立てます。あしらわれている桔梗の花は、明智の家紋にちなんでいます。


衣装の写真

【演目名】

絵本太功記(えほんたいこうき)

【役名】

初菊(はつぎく)

初菊は武智十次郎の許嫁。十次郎が決死の覚悟で初陣に臨む間際、十次郎と祝言をあげ、夫婦となります。「吹輪」という髪型に銀の花櫛、赤地に花模様などをぬいとりした振袖をまとった役は「赤姫」と通称されます。初菊は純然たる「お姫様」ではないものの、赤姫に数えられます。着付、帯とも、その名にちなんだ菊の柄が見られます。


「成田市×歌舞伎」ロゴ

【成田市×歌舞伎について】

「成田屋」の屋号で有名な歌舞伎の市川宗家と成田山新勝寺は、江戸元禄以来、不動尊信仰の深い絆で結ばれています。
こうしたことから、成田市では十一代目市川海老蔵丈を「成田市御案内人」に任命するなど、歌舞伎をはじめとする伝統芸能・文化と連動した魅力発信の取り組みが行われています。

詳しくは、【成田市×歌舞伎】公式HPをご覧ください。