Kabuki Experience Gallery & Shop

「Kabuki Gate」イメージ画像

第1ターミナル

出国手続き後

日本を代表する伝統芸能である歌舞伎を楽しく体感出来る歌舞伎体感型ギャラリー&ショップ「Kabuki Gate」!
等身大マネキンによる衣裳展示と隈取りアプリ「Kabuki Face Photo Booth」による体感型ギャラリー、Kabuki Gateオリジナルグッズや歌舞伎にまつわる選りすぐりのアイテムを集めたショップを同時にお楽しみ下さい。
松竹株式会社全面監修による本物にこだわった空間をお届けします。

秋の展示

衣装の写真

【演目名】

紅葉狩(もみじがり)

【役名】

実は戸隠山の鬼女(じつはとがくしやまのきじょ)

舞踊『紅葉狩』の後半、更科姫が本性を現し、鬼女となった姿の扮装です。美しい姫の姿から一変し、隈を取った恐ろしい鬼女の姿で平維茂に襲い掛かり、激しい立廻りになります。衣裳に取り入れられた雲文様は妖怪変化を現す際等にしばしば用いられます。


衣装の写真

【演目名】

紅葉狩(もみじがり)

【役名】

更科姫(さらしなひめ)

舞踊『紅葉狩』の前半、鬼女が美しい姫としてあらわれる場面の衣裳です。赤い振袖と打掛は歌舞伎のお姫様役の決まりの衣裳ですが、「実は鬼女」という役の設定から、この衣裳には、他の姫のような優美な花柄などを用いず、紅葉に鳳凰の柄の刺繍が施されています。かつらは吹輪といい、こちらも姫役に用いられる髪型です。


衣装の写真

【演目名】

紅葉狩(もみじがり)

【役名】

平維茂(たいらのこれもち)

従者と共に戸隠山にやってきた平家の武将・平維茂は、偶然出会った更科姫一行に誘われ、紅葉狩を楽しみます。物語後半では剣を手にし、本性を現した鬼女に勇ましく立ち向かいます。様々な草花を円形にデザインした「花の丸」が刺繍された上品な狩衣に、「浮線蝶」が縫い取られた袴を身に付けた優美な姿です。


「成田市×歌舞伎」ロゴ

【成田市×歌舞伎について】

「成田屋」の屋号で有名な歌舞伎の市川宗家と成田山新勝寺は、江戸元禄以来、不動尊信仰の深い絆で結ばれています。
こうしたことから、成田市では十一代目市川海老蔵丈を「成田市御案内人」に任命するなど、歌舞伎をはじめとする伝統芸能・文化と連動した魅力発信の取り組みが行われています。

詳しくは、【成田市×歌舞伎】公式HPをご覧ください。