Kabuki Experience Gallery & Shop

第1ターミナル

出国手続き後

日本を代表する伝統芸能である歌舞伎を楽しく体感出来る歌舞伎体感型ギャラリー&ショップ「Kabuki Gate」!
等身大マネキンによる衣裳展示と隈取りアプリ「Kabuki Face Photo Booth」による体感型ギャラリー、Kabuki Gateオリジナルグッズや歌舞伎にまつわる選りすぐりのアイテムを集めたショップを同時にお楽しみ下さい。
松竹株式会社全面監修による本物にこだわった空間をお届けします。

秋の展示

  • 【演目名】土蜘 (つちぐも)
  • 【役名】土蜘の精 (つちぐものせい)

僧侶に化けていた土蜘の精が本性をあらわした姿。能の『土蜘蛛』を元にした演目で、衣裳・かつらも能に由来していますが、歌舞伎独自の工夫がなされています。法被にある雲の柄は妖怪変化の衣裳にしばしば用いられ、また着付にあしらわれた蜘蛛の巣の柄が土蜘の精を象徴しています。かつらの随所に見られる白い毛からも、劫を経た妖怪であることを見て取ることができます。


  • 【演目名】勧進帳 (かんじんちょう) 
  • 【役名】武蔵坊弁慶 (むさしぼうべんけい)

『勧進帳』は歌舞伎の数ある演目の中でも、取り分けて人気の高い作品です。能の作品を歌舞伎に取り入れた作品で、衣裳も能の様式を取り入れています。主君義経を守り逃避行を続ける弁慶は、山伏(山岳修行の僧)に身をやつしており、衣の文字や大口袴の模様は仏教にちなんだものになっています。首にかける鈴懸は袈裟の一種です。 着物の翁格子の柄は、Kabuki Gateのオリジナルグッズにも取り入れられています。


  • 【演目名】本朝廿四孝(ほんちょうにじゅうしこう)
  • 【役名】八重垣姫(やえがきひめ)

『本朝廿四孝』という演目に登場する八重垣姫は、歌舞伎に数多く登場する姫の役の中でも大役として知られています。歌舞伎の姫役は、その多くが赤い振袖と打掛をつけるので、姫役のことを「赤姫」と通称します。緋綸子に金糸銀糸で刺繍が施された豪華な衣裳です。姫役に用いられる吹輪という髪型に、梅の花を四段重ねた銀の姫挿しをさしたかつらです。


  • 【成田市×歌舞伎について】

「成田屋」の屋号で有名な歌舞伎の市川宗家と成田山新勝寺は、江戸元禄以来、不動尊信仰の深い絆で結ばれています。
こうしたことから、成田市では十一代目市川海老蔵丈を「成田市御案内人」に任命するなど、歌舞伎をはじめとする伝統芸能・文化と連動した魅力発信の取り組みが行われています。

詳しくは、【成田市×歌舞伎】公式HPをご覧ください。