Kabuki Experience Gallery & Shop

「Kabuki Gate」イメージ写真

第1ターミナル

出国手続き後

日本を代表する伝統芸能である歌舞伎を楽しく体感出来る歌舞伎体感型ギャラリー&ショップ「Kabuki Gate」!
等身大マネキンによる衣裳展示と隈取りアプリ「Kabuki Face Photo Booth」による体感型ギャラリー、Kabuki Gateオリジナルグッズや歌舞伎にまつわる選りすぐりのアイテムを集めたショップを同時にお楽しみ下さい。
松竹株式会社全面監修による本物にこだわった空間をお届けします。

展示衣裳

衣装の写真

【演目名】鳴神(なるかみ) 【役名】雲の絶間姫(くものたえまひめ)

『鳴神』は、歌舞伎十八番の一つで、人気の高い作品です。朝廷への恨みから、滝壺に竜神竜女を閉じ込めて日照りにさせた鳴神上人のもとに、朝廷から雲の絶間姫という美女がさし向けられ、姫は色仕掛けで鳴神の術を破ります。豪雨の中、都へ帰る姫を、はかられたと知り怒りに燃えた鳴神が追いかけます。浅葱色に緋色の着物、黒の帯という色鮮やかな取り合わせです。


衣装の写真

【演目名】助六由縁江戸桜(すけろくゆかりのえどざくら) 【役名】朝顔仙平(あさがおせんぺい)

『助六』は桜が満開の江戸吉原を舞台に、「江戸一番の色男」花川戸助六をはじめ花魁の揚巻など様々な人物が登場する、江戸っ子たちの美意識を集約した、江戸歌舞伎を代表する一幕です。 朝顔仙平も登場人物の一人で、敵役ながらちょっとおどけた役柄です。 役名にちなみ朝顔の刺繍のある、江戸のしゃれた感覚あふれる衣裳です。


衣装の写真

【演目名】連獅子(れんじし) 【役名】仔獅子の精(こじしのせい)

歌舞伎には獅子が登場する舞踊が数多くありますが、親子の獅子が紅白の毛を豪快に振る『連獅子』もその一つです。獅子は仏教における聖獣で、牡丹の咲き乱れる聖地に棲息するとされています。獅子と牡丹の取り合わせは、古来さまざまに描かれていますが、この衣裳でも、大口(袴)と着付に牡丹の模様が取り入れられています。


「成田市×歌舞伎」ロゴ

【成田市×歌舞伎について】

「成田屋」の屋号で有名な歌舞伎の市川宗家と成田山新勝寺は、江戸元禄以来、不動尊信仰の深い絆で結ばれています。
こうしたことから、成田市では十一代目市川海老蔵丈を「成田市御案内人」に任命するなど、歌舞伎をはじめとする伝統芸能・文化と連動した魅力発信の取り組みが行われています。

詳しくは、【成田市×歌舞伎】公式HPをご覧ください。