Kabuki Experience Gallery & Shop

「Kabuki Gate」イメージ写真

第1ターミナル

出国手続き後

日本を代表する伝統芸能である歌舞伎を楽しく体感出来る歌舞伎体感型ギャラリー&ショップ「Kabuki Gate」!
等身大マネキンによる衣裳展示と隈取りアプリ「Kabuki Face Photo Booth」による体感型ギャラリー、Kabuki Gateオリジナルグッズや歌舞伎にまつわる選りすぐりのアイテムを集めたショップを同時にお楽しみ下さい。
松竹株式会社全面監修による本物にこだわった空間をお届けします。

展示衣裳

衣装の写真

【演目名】春興鏡獅子(しゅんきょうかがみじし) 【役名】獅子の精(ししのせい)

歌舞伎舞踊の大曲『春興鏡獅子』。正月の江戸城で、恥らいながら可憐な踊りを見せる小姓の弥生。やがて、獅子の頭(かしら)を手に踊り始めた弥生に、獅子の精が乗り移ってしまいます。後半、獅子の精が現れ、豪快な毛ぶりを見せます。 獅子は文殊菩薩に仕える霊獣で、牡丹の咲く聖地に生息するとされていることから、大口(袴)には牡丹の模様が取り入れられています。


衣装の写真

【演目名】吉例寿曽我(きちれいことぶきそが) 【役名】小林朝比奈(こばやしのあさひな)

曽我十郎・五郎の兄弟の仇討を題材にした作品を「曽我物」と呼び、江戸時代の歌舞伎公演では、毎年正月に曽我物を上演することが慣わしとなりました。『吉例寿曽我』も曽我物の一つです。 朝比奈は、滑稽な役割を担う道化方です。「猿隈」というコミカルな隈取を施し、鎌髭をつけます。背中から胸にかけて鶴が大きくあしらわれています。鶴は、他の演目における朝比奈の衣裳にも常に用いられるモチーフです。


衣装の写真

【演目名】助六由縁江戸桜(すけろくゆかりのえどざくら) 【役名】三浦屋揚巻(みうらやあげまき)

『助六』に登場する、主人公助六の恋人役揚巻は、女方の役の中でも、大役として知られています。揚巻は日本の季節ごとの節句(行事)を図案化した衣裳を身に着けて登場します。  展示の打掛の柄は正月の、鯉の柄は五月の節句(行事)を表しています。傾城独特の髪型にさまざまな飾りをつけたかつらをつけた、揚巻の艶姿です。


「成田市×歌舞伎」ロゴ

【成田市×歌舞伎について】

「成田屋」の屋号で有名な歌舞伎の市川宗家と成田山新勝寺は、江戸元禄以来、不動尊信仰の深い絆で結ばれています。
こうしたことから、成田市では十一代目市川海老蔵丈を「成田市御案内人」に任命するなど、歌舞伎をはじめとする伝統芸能・文化と連動した魅力発信の取り組みが行われています。

詳しくは、【成田市×歌舞伎】公式HPをご覧ください。