空港からのお知らせ

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に伴う空港内取材ルールについて

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に関する取材をする際は、東京2020組織委員会が発行する東京2020大会のプレイブック(ルールブック)及び以下の空港内取材ルールを遵守の上、取材いただきますようお願いいたします。

1. 空港内での基本ルール

  • 旅客や従業員の動線を妨げないように撮影してください。
  • 保安検査機器や検査風景が映り込まないように撮影してください。
  • 歩きながらの撮影(ドリー撮影)はご遠慮ください。
  • 階段・エスカレーター・道路・ビジネスジェット専用施設での撮影はご遠慮ください。
  • チェックインカウンターを撮影される場合は、航空会社と2者間で調整の上、撮影してください。
  • テナントを撮影する場合は、事前に撮影許可をいただいた上で、NAAに報告するようにしてください。
  • 混乱が予想される場合、規制線を張らせていただく場合がございます。
  • マスク着用、手指消毒など感染症対策の徹底をお願いします。
  • その他、係員の指示には従ってください。

2. 東京2020大会期間中の特別ルール

  • 撮影の際は必ず腕章もしくはPVC/OIAC/PIACを着用してください。
    ※PVC/OIAC/PIACの場合、制限区域内での取材は不可となります。
  • プレイブックに規定されている通り、選手とメディアの距離は2m、メディア同士の距離は少なくとも1m確保するようにしてください。
  • メディアゾーンの設置期間中は、メディアの方はゾーン内もご活用ください。(7/1~9/5)

メディアゾーンの配置図

第1ターミナルメディア優先ゾーンマップ

第2ターミナルメディア優先ゾーンマップ